サッカーのブックメーカーの利用方法はとっても簡単

ブックメーカーは、日本では運営できないため、サッカーの投票をしたいと考えているのであれば、海外ブックメーカーに参加しなければなりません。海外の会社が運営しているので、敷居が高いと感じる人がいますが、利用方法はとっても簡単です。

今は、インターネットでの投票が主流なので、日本からでも特に難しい手続きは必要ありません。サイトへ行き、必要事項を登録するだけで、アカウントを作成することができます。大体5分くらいで登録は終わります。

ただし、そのままではアカウントにお金がないため、入金しないと参加できません。銀行振り込みや電子口座を使用して、アカウントに入金をします。このとき、電子口座を使用するのが便利です。

電子口座に入金するのに1営業日ほどかかりますが、そこからブックメーカーのアカウントへ入金する場合は、即座に反映されることが多いです。電子口座はいくつかありますが、日本語に対応している大手のものを用いるのが使い勝手が良く、お勧めです。

ブックメーカーのサッカーでの攻略法とは

サッカー

ブックメーカーは還元率が高く、日本の公営ギャンブルと比べると損失が出にくいですが、今回は更に負けにくい攻略法というものを説明したいと思います。この方法はブックメーカーでも特にサッカーで使用しやすい方法となっており、簡単に言うとオッズの低い試合を転がしていく方法です。

この攻略法にはいくつかルールがあり、まずベットするオッズは1.1から1.3までとします。また資金を三分割して、三試合を一つの単位として考えます。単純に転がしをしていると一試合でも外してしまうとそこで終わりになってしまいますが、資金を分散することでリスクを減らすことができるのです。

また波乱の試合を選んでしまわないようにアウェーの試合は避けるとか欧州主要リーグ以外の上位チームの対戦と下位チームの対戦を選択するなど注意することがいくつかあります。この方法を採用するとリスクを分散しながら堅実な掛け方ができますので、参考にしてみてください。

サッカーの番狂わせは高倍率の配当のチャンス

フットボール

ブックメーカーは、他のギャンブルと異なり、オッズを運営者が自分で設定します。そして、事前に控除もしませんので、この設定次第で利益を出せるか損をするかが決まります。

そのため、ブックメーカーは胴元とプレイヤーの真剣勝負の形をとり、決して客同士のパイの奪い合いではありません。そこで、時には胴元が損をしてしまうことも実際にはあります。 最近も、プレミアリーグのサッカーで、番狂わせが起きています。

開幕前に、5000倍以上のオッズであったチームが優勝目前にいる状態です。現在は、このチームのオッズが下げられ、8倍まで下がっていますので、運営主体側も予想を現実的だと判断しています。もしこのチームが優勝すれば、最初から投票していた人は、5000倍以上という高倍率の配当を得ることができます。

このように、時には番狂わせが生じ、高配当が出ることもあるブックメーカーは、ギャンブラーの夢である大金のチャンスもあります。そこに魅力を感じる人も多いです。

外れたときのダメージを最小限にする

リスクをコントロールするために「キャッシュアウト」という損切り方法は絶対に覚えておかなければなりません。 試合途中でもキャッシュアウトをしたら途中で一定金額が払い戻しされます。
詳しくはこちらのページへ

ブックメーカーのサッカーは順当転がしで大儲けを

サッカー選手

賭け事で大きく勝つために効果的なのは、大きな金額を賭けて勝つことです。 そうすれば勝ち金も大きくなりますから、大勝ちをすることができます。 しかし、この方法の問題点としては大きく勝つ可能性もある一方で大負けをしてしまう可能性もあるということです。

大きく勝ちたいけれども大きく負けたくないというのであれば、順当転がしをすると大儲けできる可能性があります。 サッカーは実力差が出やすいゲームなので、手堅いと思われる試合を選んで勝負をしていけば高い勝率も不可能ではありませんし、ブックメーカーというのは賭けた時点のオッズで払い戻されることから、締め切り時にオッズが暴落してリスクしかない賭けをしなければならなくなってしまったということもありません。

一回の払い戻しが少なくても、転がしていけば複利効果で大きく勝つことができる可能性は十分にありますから、ブックメーカーでリスクを少なく大きく勝とうと思ったら順当転がしが最適なのです。

お金

サッカーオッズ